ちゃぶ台を置いて家族団らん

いろんなことに使えるちゃぶ台活用術を紹介

好みのちゃぶ台

和室

日本の食卓には昔からちゃぶ台がありました。毎日の食事をするうえで大切な役割を果たしているちゃぶ台は、丸い形が一般的なのですが、一昔前は四角い形が支流だったのです。

More...

おしゃれに飾る

ちゃぶ台

ちゃぶ台も昔と変わって多くのデザインがあります。北欧の家庭にあるような暖かなものから、一般的な形とは違い画期的なデザインのもの、収納機能のついた便利なものなど様々なものです

More...

コンパクトを活かす

夫婦

いろんな種類があるちゃぶ台。リビングルームにくつろぎのスペースを設けるうえで必要になります。折り畳み式はコンパクトで場所を取ることがないためかなり便利といえるでしょう。

More...

寒い冬にも使える

インテリア

ちゃぶ台はかんたんに持ち運ぶことができ、さらにコンパクトなものが多いため収納にも困ることはありません。さらに、ご飯を食べる場所として昔から多くの食卓にあったり、学生の勉強の場所であったりとちょっとした作業場にもなるのです。いろんなことができる場所として効果的なちゃぶ台ですが、さらには暖房グッズとしても有効な一面があります。通常のちゃぶ台の下に小型のヒーターを取り付けることによりコタツとして活用することもできます。元々、コタツとして売られている商品は掛布団やテーブル部分の板といった箇所にこだわることが難しいのですが、ちゃぶ台としてひとつお気に入りのものを購入しておくことで自分の好きなものに変更できるためカスタマイズにも優れているのです。また、コタツの形は一般的に四角のものが多いことに対して、ちゃぶ台にはいろんな形があり、高さを調節することも可能になってきます。さらに、コタツでは出し入れといったことをする場合、手間がかかってしまいますが、ちゃぶ台は折り畳み式のものや足の部分にローラーがついていたりするので手軽に準備することができます。長い冬場でも、地域やその日の天候によっては不要になりがちなコタツでは場所をとってしまい邪魔に感じてしまうこともあるため、いつでも片付けできることはメリットとしてかなり大きいです。両方に利点があるので自分にあったものを選ぶことが快適な生活をおくるうえで、重要なことといえるでしょう。